クールマルチ

三菱電機

クールマルチ(クオリティコントローラ&ハイクオリティコントローラ)

点検コ
ード
異常時の表示異常内容・意味要因対処方法
L0異常時は左記点
コードとCU
№を交互
に表示
UC:ユニットコ
ント
    
庫内温度サーミスタ異常(オー
プン)
運転中庫内温度がー60℃以下
の場合
 
センサコネクタ外れ中継基板上のコネクタ「「CN101」
をチェックしてください。
センサ不良
中継基板の破損
温度センサを端子台からはずして抵抗
値を確認してください。
上記のいずれ
でもない場合、中継基板を交換してく
ださい。
H0庫内温度サーミスタ異常(ショ
ート)
運転中庫内温度が70℃以上の
場合
 
異物などによる短絡
ンサ不良
中継基板の破損
センサの配線経路を確認し、異物があ
れば取除いてください。
温度センサを
端子台からはずして抵抗値を確認して
ください。
上記のいずれでもない場合、中継基板
を交換してください。
LH冷えすぎ防止異常 注1
庫内設定温度(ユニットOFF
点)から、3K
低下した状態を
1分間以上継続するか、
設定温
度以下の状態を10分間継続し
時点の温度よりさらに庫内温
度が低下し
た場合
電磁弁<液>等漏れ 電磁弁<液>の詰まり・漏れを釜人し、
必要に応じて交換して
ください。 
圧力開閉器<低圧>の設
値不具合 
設定値を適正な値に変更
してください
E0外部異常(冷却運転中)
冷却運転中に異常が発生した場
ユニットに異常が発生
(高圧
カット・圧縮機
サーモ・OCR)
ユニットの異常を取除いて
ください。
E1外部異常(霜取運転中)
霜取運転中に異常が発生した場
ユニットに異常が発生ユニットの異常を取除いて
ください。
 
C0リモコン過電流検出
リモコン電源に過電流が流れた
場合
    
HH50℃高温警報 注1
庫内温度50℃以上を5秒間検
出した場合
庫内収容物の過熱等 温度上昇要因を取除いて
ください。
 
HC高温警報
運転開始後3時間以上経過にて
庫内温度
が設定温度+庫内温度
差+高温警報温度
 差以上を6
0分連続で検知した場合
        
F0 異常時は左記点検
コードとCU№を
交互
に表示
システム設定異常
中継基板が同室複数台システム
に関する
設定異常を検知した場
システム設定誤りリモ
コン線の接触不良・断
など
異常要因を取除いて
ください。
 
F1
F2
F3
F4
伝送異常
リモコンと中継基板の伝送が正
常に行わ
れなくなった場合
リモコン線の配線不良
(接触不良等)
配線経路を確認して
ください。
 
リモコン線の長さオー
バー
所定の配線が使用され総延長250m
以内になっているか
どうか確認して
ください。
01
02
03
0A
左記点検コードの
点滅
リモコン線へのノイズリモコンの配線が高圧電線やイン
バータ等のノイズ発生機器
の近くに
配線されていないか確認してくださ

(高圧電線と平行して配線されてい
る場合は電線管等を用い
て分離して
ください)
UC番号設定ミスUC番号を正しく設定して
ください
中継基板の破損破損中継基板を交換してください
d0
d2
d3
d1
異常時は左記点検
コードとCU№を
交互
に表示
M-NET通信異常(伝送異
常)
コンデンシングユニットまたは
コントローラ
との伝送が途絶え
た場合
M-NET線の配線不
(断線・接触不良)
配線経路を確認してください。 
通信相手側の異常対象ユニットの電源状態・異常
有無を確認してください。
M-NET通信異常(アドレス
二重)
M-NETアドレスの
設定ミス
M-NETアドレスを正しく設定
してください。

ハイクオリティコントローラ専用

異常コード異常項目
0100外部異常(詳細不明)
3180高温警報
3181冷えすぎ防止異常
318250℃高温警報
5182庫内温度サーミスタ異常
6600M-NET通信異常
6831~6834リモコン通信異常
7109M-NET通信異常
エアコン異常コード三菱電機
サポートのお願い
サポートよろしくお願いします
「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」サイト管理者の”コロ”です。
この記事を気に入って下さった方、「寄付してあげてもいいよ」という方がいらっしゃったらサポートしていただけると嬉しいです。サーバーの運用に役立たせて頂きます。
Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック

金額は空白欄に適当に(500円から)書きこんで下さい。(あらかじめ入っている金額はAmazonの設定なので気になさらないでください)。
メールのあて先は 「mei@marchan-na.com(メールアドレス)」です。
※上記のアドレスはサポート受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてあるのでご注意ください。
よろしくお願いいたします。

エアコンの安全な修理・適切なフロン回収

コメント

error: