ルームエアコン

日立

ルームエアコン 白くまくん壁掛形  故障表示対応表

シリーズ室内機故障表示機能表№室外機故障表示機能表№
 RAS-X28B25B RAC-X28B14A
 RAS-X36B25B RAC-X36B14A
 RAS-X40B225B RAC-X40B214A
 RAS-X56B225B RAC-X56B214A
 RAS-X63B225B RAC-X63B214A
 RAS-X71B225B RAC-X71B214A
SX RAS-SX22B25B RAC-SX22B14A
 RAS-SX25B25B RAC-SX25B14A
 RAS-SX28B25B RAC-SX28B14A
 RAS-SX36B25B RAC-SX36B14A
 RAS-SX40B225B RAC-SX40B214A
 RAS-SX56B225B RAC-SX56B214A
 RAS-SX63B225B RAC-SX63B214A
 RAS-SX71B225B RAC-SX71B214A
SV RAS-SV22B28B RAC-SV22B14C
 RAS-SV25B28B RAC-SV25B14C
 RAS-SV28B28B RAC-SV28B14A
 RAS-SV36B28B RAC-SV36B14A
 RAS-SV40B228B RAC-SV40B211C
 RAS-SV56B225D RAC-SV56B214A
 RAS-V22B27D RAC-V22B14C
 RAS-V25B27D RAC-V25B14C
 RAS-V28B27D RAC-V28B14C
 RAS-V36B27D RAC-V36B14C
 RAS-V40B227D RAC-V40B214A
 RAS-V56B227B RAC-V56B214A
AJ(L) RAS-AJ22B27E RAC-AJ22B14C
 RAS-AJ25B27E RAC-AJ25B14C
 RAS-AJ28B27E RAC-AJ28B14C
 RAS-AJ36B27E RAC-AJ36B14C
 RAS-AJ40B227E RAC-AJ40B214A
 RAS-AJL56B227B RAC-AJL56B214A

室内機 25A・B・C・D

タイマーランプ(橙色)の点滅
点滅
回数
表 示 理 由チェックポイント
1四方弁回路の異常①室内熱交サーミスタの抵抗値(25℃:約10kΩ 30℃:約8kΩ 35℃:約6.5kΩ)
確認異常があれば室内熱交室温サーミスタ交換
②四方弁コイルの抵抗値を確認異常があれば四方弁コイル交換 異常がなければ四方
弁点検
2強制冷房運転中室内機の強制冷房SWを押していれば解除する
3室内回路の異常室内端子台温度ヒューズ導通確認 ・OK:室内電気品(制御基板)交換
・NG:室内端子台交換(Fケーブルの剥き寸法、芯曲り確認修正)
5パワーリレー接点溶着・室内電気品(制御基板)交換
9室内熱交, 室温サーミス
タ、
湿度センサ異常
①室内熱交,室温サーミスタ、湿度センサ(スイッチ基板)のコネクタに抜け、接触
不具合があれば修正
②室内熱交,室温サーミスタ抵抗値確認(25℃:約10kΩ 30℃:約8kΩ
35℃:約6.5kΩ)異常があれば室内熱交,室温サーミスタ交換
③一旦電源プラグを抜き、湿度センサに息を吹きかけ、電源プラグを 差し込んで
リモコンで運転する
・タイマーランプが9回点滅すれば湿度センサ搭載基板交換※スイッチ基板を交換
しても9回点滅するようなら稀ではあるが室内電気品交換
10室内DCファンモータ
回転異常
①室内ファンがシャーシに当っていないか確認(電源を切り、手で回してみる)不具
合があれば修正 ファンの当り等ないが回したときに重いようなら
 室内ファンモ
ータ交換
②室内ファンモータ電圧確認 DCファンモータの点検方法参照(P5-65)
11イオンミストユニット
異常
故障診断表示方法により、故障モードの再表示を行ったときのみ表示高電圧発生器の
電極が汚れていれば掃除する
汚れもなく、コネクタ接触不具合もなければイオンミス
トユニット交換
12室外回路の異常①Fケーブルの接続に異常がないか確認し、異常があれば修正
②室外機セルフチェックを行っていればジャンパー線を確認し、そのままなら元に戻す
③リモコンで運転し、室外端子台1番-2番間電圧確認 (リモコン操作後3分間以内に
測定する)
・AC100V(AC200V) OK:室外電気品(制御基板)交換・AC100V
(AC200V)NG:Fケーブルの接続を再度確認し、
異常がなければ室内電気品
(制御基板)交換
④他家電製品からのノイズにより12回点滅になる場合あり
13IC401 データ読込異常・室内電気品(制御基板)交換
18お掃除ユニット異常故障診断表示方法により、故障モードの再表示を行ったときのみ表示クリーンランプ
4秒点灯、1秒消灯参照
19ペルチェ異常故障診断表示方法により、故障モードの再表示を行ったときのみ表示ミストランプ 4秒
点灯、3秒消灯参照
20人検知センサ異常故障診断表示方法により、故障モードの再表示を行ったときのみ表示センサーランプ4秒
点灯、1秒消灯参照
点滅
ランプ
表示理由
(点滅回数)
チェックポイント
クリーンラン
(黄色)
点滅
お掃除ユニット異常
(4秒点灯、1秒消灯)
①お掃除ユニット部が機械的ロック(フィルターが外れている等)を起して
いれば修正
②お掃除ユニット駆動用モータ(CN8),位置検出SW(CN10)
のコネクタ抜け、
接触不具合があれば修正
③電源投入時のイニシャライズ動作時に、お掃除ユニット駆動用モータ
(シャフト)動作確認
・ワイパーが右端にあるのにモータから音がする
:位置検出SWがワイパーの下に潜り込んでいる
・ワイパーが位置検出SW
から離れているのにモーターから音がする
:お掃除ユニット駆動用モータ
ー交換
④位置検出SWの点検・位置検出スイッチを押しているのに右端で更に右
に進もうとしている(位置検出スイッチ オープン)
・お掃除ワイパーの位
置が右端ではなく、スイッチから離れているがイニシャライズ動作時に初め
から
左に動き出し、数秒進んでは止まるを3回繰り返して停止してしまう
(位置検出スイッチ ショート)
以上のことがあれば位置検出スイッチ交換
なければお掃除ユニット交換
フロントパネルオープン
1秒点灯、 1秒減光

ライトダウン設定中は1秒減光、
1秒消灯
①フロントパネルがきちんと閉じていなければ正しくセットする②フロント
パネル開閉検出SWコネクタに抜け接触不具合があれば修正
なければフロント
パネル開閉検出SW交換
ミスト・空清
ランプ、ミス
ランプ(黄
色)
の点滅
イオンミストユニット
異常

(4秒点灯、1秒消灯)
①イオンミスト用放電電極が汚れていれば清掃する(必ず電源を切ってから
行なう)
②高電圧発生器用コネクタ(CN14)に抜け、接触不具合、断線等があれば修
なければイオンミストユニット交換
ペルチェ異常
(4秒点灯、3秒消灯)
①ペルチェ用コネクタ(CN19)に抜け、接触不具合、断線等があれば修正
②ペルチェ用コネクタ(CN19)を外して線間抵抗値(1Ω~ 4Ωあれば正常)
を測定する
・正常:室内電気品(制御基板)交換 ・異常:イオンミスト
ユニット交換
センサーラン
(黄色),

ecoラン(緑
色)
の点滅
人検知センサー異常
(4秒点灯、 1秒消灯)
①電源投入時のイニシャライズ動作時にジェットルーバーが動作しなければ
上下風向板コネクタ
(CN15)を確認 抜け、接触不具合、断線等があれば
修正、
異常がなければ上下風向板モータ交換②センサー基板コネクタ
(CN20)に抜け、接触不具合、断線等があれば修正
異常がなければ下記点検
を行う
※25Bは、サービスガイドB609『12-4,、センサー故障判定(P12-16)』
参照
1. 電源プラグを抜き、リモコンの『停止』ボタンを押す
2. リモコンの『ミスト』ボタンを押してから電源プラグを挿入する
3. リモコンの『風あて/よけ』ボタンを押す
4. 1分半ほど待ち、センサーランプ点滅確認(待っている間に人検知セン
サーの前で手を数回振ってみる)
・点滅する:センサー基板交換
・点滅しない:センサーカバー、フレネルレンズが汚れていれば掃除する
みはりランプ(黄色)の点滅   ※1 自己診断メモリー読み出し時のみ表示する機種があります。
点滅回数表 示 理 由チェックポイント
2ピーク電流カット室外機の故障表示機能参照
3異常低速回転
4切換失敗
5過負荷下限カット
6OHサーミスタ温度上昇
7室外サーミスタ異常※1※1   室外機の故障表示機能参照※1
9通信エラー
10電源電圧異常
11強風によるファン停止
12室外ファンモータロック
13室外E2PROMデータ読込異常室外電気品(制御基板)交換         
14直流電圧異常室外電気品(制御基板)交換         
15回路異常室外電気品(制御基板)交換         

室内機 27A・B・C・D・E

タイマーランプ(橙色)の点滅
点滅
回数
表 示 理 由チェックポイント
1四方弁回路の異常①室内熱交サーミスタの抵抗値(25℃:約10kΩ 30℃:約8kΩ
35℃:約6.5kΩ)確認異常があれば室内熱交室温サーミスタ交換
②四方弁コイルの抵抗値を確認異常があれば四方弁コイル交換 異常がなければ
四方弁点検
2強制冷房運転中室内機の強制冷房SWを押していれば解除する
3室内回路の異常室内端子台温度ヒューズ導通確認 ・OK:室内制御基板交換 ・NG:室内端子
台交換(Fケーブルの剥き寸法、芯曲り確認修正)
5パワーリレー接点溶着・室内制御基板交換
9室内熱交, 室温サーミスタ、
湿度センサ異常
※湿度センサー不付機種あり
①室内熱交,室温サーミスタのコネクタに抜け、接触不具合があれば修正
②室内熱交,室温サーミスタ抵抗値確認(25℃:約10kΩ 30℃:約8kΩ
35℃:約6.5kΩ) 異常があれば室内熱交,室温サーミスタ交換
③湿度センサ搭載機種は、一旦電源プラグを抜き、湿度センサに息を吹きかけ、
電源プラグを
 差し込んでリモコンで運転する
・タイマーランプが9回点滅すれば湿度センサ搭載基板交換
※スイッチ基板を交換しても9回点滅するようなら稀ではあるが室内制御基板
交換
10室内
DCファンモータ回転異常
①室内ファンがシャーシに当っていないか確認(電源を切り、手で回してみる)
不具合があれば修正 ファンの当り等ないが回したときに重いようなら 室内
ファンモータ交換
②室内ファンモータ電圧確認 DCファンモータの点検方法参照(P5-65)
11イオンミストユニット異常故障診断表示方法により、故障モードの再表示を行ったときのみ表示高電圧発
生器の電極が汚れていれば掃除する
汚れもなく、コネクタ接触不具合もなけれ
ばイオンミストユニット交換
12室外回路の異常①Fケーブルの接続に異常がないか確認し、異常があれば修正
②室外機セルフチェック機能のある機種は、セルフチェックを行っていれば
ジャンパー線を確認し、そのままなら元に戻す
③リモコンで運転し、室外端子台1番-2番間電圧確認 (リモコン操作後3分間
以内に測定する)
・AC100V(AC200V) OK:室外制御基板交換
・AC100V(AC200V) NG:Fケーブルの接続を再度確認し、異常がなければ
室内制御基板交換
④他家電製品からのノイズにより12回点滅になる場合あり
13IC401 データ読込異常・室内制御基板交換
18お掃除ユニット異常故障診断表示方法により、故障モードの再表示を行ったときのみ表示クリーン
ランプ4秒点灯、1秒消灯参照
19ペルチェ異常故障診断表示方法により、故障モードの再表示を行ったときのみ表示空清
ランプ 4秒点灯、3秒消灯参照
点滅
ランプ
表示理由
(点滅回数)
チェックポイント
クリーンラン
(黄色)
点滅
お掃除ユニット異常
(4秒点灯、1秒消灯)
①お掃除ユニット部が機械的ロック(フィルターが外れている等)を起して
いれば修正
②お掃除ユニット駆動用モータ(CN8),位置検出SW(CN10)のコネクタ
抜け、
接触不具合があれば修正
③電源投入時のイニシャライズ動作時に、お掃除ユニット駆動用モータ
(シャフト)動作確認
・ワイパーが右端にあるのにモータから音がする:位置検出SWがワイパーの
下に潜り込んでいる
・ワイパーが位置検出SWから離れているのにモーターから音がする:お掃除
ユニット駆動用モーター交換
④位置検出SWの点検
・位置検出スイッチを押しているのに右端で更に右に進もうとしている
(位置検出スイッチ オープン)
・お掃除ワイパーの位置が右端ではなく、スイッチから離れているがイニシ
ャライズ動作時に初めから
左に動き出し、数秒進んでは止まるを3回繰り返し
て停止してしまう(位置検出スイッチ ショート)
以上のことがあれば位置検出スイッチ交換 なければお掃除ユニット交換
フロントパネルオープン
1秒点灯、 1秒減光

ライトダウン設定中は1秒減光、
1秒消灯
①フロントパネルがきちんと閉じていなければ正しくセットする
②フロントパネル開閉検出SWコネクタに抜け接触不具合があれば修正
なければフロントパネル開閉検出SW交換
ミスト・空清
ランプ、ミス
ランプ(黄
色)
の点滅
イオンミストユニット
異常

(4秒点灯、1秒消灯)
①イオンミスト用放電電極が汚れていれば清掃する(必ず電源を切ってから
行なう)
②高電圧発生器用コネクタ(CN14)に抜け、接触不具合、断線等があれば
修正
なければイオンミストユニット交換
ペルチェ異常
(4秒点灯、3秒消灯)
①ペルチェ用コネクタ(CN19)に抜け、接触不具合、断線等があれば修正
②ペルチェ用コネクタ(CN19)を外して線間抵抗値(1Ω~ 4Ωあれば正常)
を測定する
・正常:室内電気品(制御基板)交換 ・異常:イオンミストユニット交換
みはりランプ(黄色)の点滅   自己診断メモリー読み出し時のみ表示
点滅回数表 示 理 由チェックポイント
2ピーク電流カット室外機の故障表示機能参照
3異常低速回転
4切換失敗
5過負荷下限カット
6OHサーミスタ温度上昇
7室外サーミスタ異常※1※1   室外機の故障表示機能参照※1
9通信エラー
10電源電圧異常
11強風によるファン停止
12室外ファンモータロック
13室外E2PROMデータ読込異常室外電気品(制御基板)交換         
14直流電圧異常室外電気品(制御基板)交換         
15回路異常室外電気品(制御基板)交換         
16高負荷停止中・サービスバルブが閉 ・室外機周囲が遮へい
・室内外熱交が目詰まり ・フィルター目詰まり

室内機 28A・B

タイマーランプ(橙色)の点滅
点滅
回数
表 示 理 由チェックポイント
1四方弁回路の異常①室内熱交サーミスタの抵抗値(25℃:約10kΩ 30℃:約8kΩ
35℃:約6.5kΩ)確認異常があれば室内熱交室温サーミスタ交換
②四方弁コイルの抵抗値を確認異常があれば四方弁コイル交換 異常がなければ
四方弁点検
2強制冷房運転中室内機の強制冷房SWを押していれば解除する
3室内回路の異常①室内端子台温度ヒューズの導通確認して溶断時は室内端子台交換(Fケーブルの
剥き寸法、芯曲り確認修正)
②コネクタCN17Sの3ピンに抜け、断線等あれば室内電源基板交換なければ室内
電源基板、制御基板交換
5パワーリレー接点溶着・室内電気品(制御基板)交換
9室内熱交, 室温サーミスタ、
湿度センサ異常
※湿度センサー不付機種あり
①室内熱交,室温サーミスタのコネクタに抜け、 接触不具合があれば修正
②室内熱交,室温サーミスタ抵抗値確認(25℃:約10kΩ 30℃:約8kΩ 35℃
:約6.5kΩ) 異常があれば室内熱交,室温サーミスタ交換
③湿度センサ搭載機種は、一旦電源プラグを抜き、湿度センサに息を吹きかけ、
電源プラグを差し込んでリモコンで運転する・タイマーランプが9回点滅すれば湿
度センサ搭載基板交換
※湿度センサを交換しても9回点滅するようなら稀ではあるが室内制御基板交換
10室内
DCファンモータ回転異常
①室内ファンがシャーシに当っていないか確認(電源を切り、手で回してみる)
不具合があれば修正 ファンの当り等ないが回したときに重いようなら 室内ファ
ンモータ交換
②室内ファンモータ電圧確認 DCファンモータの点検方法参照(P5-65)
11イオンミストユニット異常故障診断表示方法により、故障モードの再表示を行ったときのみ表示高電圧発生器
の電極が汚れていれば掃除する
汚れもなく、コネクタ接触不具合もなければイオン
ミストユニット交換
12室外回路の異常①Fケーブルの接続に異常がないか確認し、異常があれば修正
②リモコンで運転し、室外端子台1番-2番間電圧確認(リモコン操作後3分間以内
に測定する)
・AC100V(AC200V) OK:室外制御基板交換
・AC100V(AC200V) NG:Fケーブルの接続を再度確認し、異常がなければ室内
制御基板、
③電源基板交換④他家電製品からのノイズにより12回点滅になる場合あり
13IC401 データ読込異常・室内制御基板交換
18お掃除ユニット異常故障診断表示方法により、故障モードの再表示を行ったときのみ表示クリーンラン
プ4秒点灯、1秒消灯参照
19ペルチェ異常故障診断表示方法により、故障モードの再表示を行ったときのみ表示ミストランプ
4秒点灯、3秒消灯参照
点滅
ランプ
表示理由
(点滅回数)
チェックポイント
クリーンラン
(黄色)
点滅
お掃除ユニット異常
(4秒点灯、1秒消灯)
①お掃除ユニット部が機械的ロック(フィルターが外れている等)を起して
いれば修正
②お掃除ユニット駆動用モータ(CN8),位置検出SW(CN10)のコネクタ抜
け、
接触不具合があれば修正
③電源投入時のイニシャライズ動作時に、お掃除ユニット駆動用モータ
(シャフト)動作確認
・ワイパーが右端にあるのにモータから音がする:位置検出SWがワイパー
の下に潜り込んでいる
・ワイパーが位置検出SWから離れているのにモーターから音がする:お掃除
ユニット駆動用モーター交換
④位置検出SWの点検
・位置検出スイッチを押しているのに右端で更に右に進もうとしている
(位置検出スイッチ オープン)
・お掃除ワイパーの位置が右端ではなく、スイッチから離れているがイニシ
ャライズ動作時に初めから
左に動き出し、数秒進んでは止まるを3回繰り返し
て停止してしまう(位置検出スイッチ ショート)
以上のことがあれば位置検
出スイッチ交換 なければお掃除ユニット交換
フロントパネルオープン
1秒点灯、 1秒減光

ライトダウン設定中は1秒減光、
1秒消灯
①フロントパネルがきちんと閉じていなければ正しくセットする
②フロントパネル開閉検出SWコネクタに抜け接触不具合があれば修正
なければフロントパネル開閉検出SW交換
ミスト・
ランプ、
ミストラン
(黄色)
点滅
イオンミストユニット
異常

(4秒点灯、1秒消灯)
①イオンミスト用放電電極が汚れていれば清掃する(必ず電源を切ってから
行なう)
②高電圧発生器用コネクタ(CN14)に抜け、接触不具合、断線等があれば修
なければイオンミストユニット交換
ペルチェ異常
(4秒点灯、3秒消灯)
①ペルチェ用コネクタ(CN19)に抜け、接触不具合、断線等があれば修正
②ペルチェ用コネクタ(CN19)を外して線間抵抗値(1Ω~ 4Ωあれば正常)
を測定する
・正常:室内電気品(制御基板)交換 ・異常:イオンミストユニット交換
みはりランプ(黄色)の点滅   自己診断メモリー読み出し時のみ表示
点滅回数表 示 理 由チェックポイント
2ピーク電流カット室外機の故障表示機能参照
3異常低速回転
4切換失敗
5過負荷下限カット
6OHサーミスタ温度上昇
7室外サーミスタ異常※1※1   室外機の故障表示機能参照※1
9通信エラー
10電源電圧異常
11強風によるファン停止
12室外ファンモータロック
13室外E2PROMデータ読込異常室外電気品(制御基板)交換         
14直流電圧異常室外電気品(制御基板)交換         
15回路異常室外電気品(制御基板)交換         
16高負荷停止中・サービスバルブが閉 ・室外機周囲が遮へい
・室内外熱交が目詰まり ・フィルター目詰まり

室外機は次ページへ

日立
サポートのお願い
サポートよろしくお願いします
「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」サイト管理者の”コロ”です。
この記事を気に入って下さった方、「寄付してあげてもいいよ」という方がいらっしゃったらサポートしていただけると嬉しいです。サーバーの運用に役立たせて頂きます。
Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック

金額は空白欄に適当に(500円から)書きこんで下さい。(あらかじめ入っている金額はAmazonの設定なので気になさらないでください)。
メールのあて先は 「mei@marchan-na.com(メールアドレス)」です。
※上記のアドレスはサポート受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてあるのでご注意ください。
よろしくお願いいたします。

エアコンの安全な修理・適切なフロン回収

コメント

error: