パッケージ・ルームエアコン 英数二桁表示

パナソニック

大型マルチ・床置 二方向天井ビルトイン

コー

ユニ
ット

区分
異常または
保護動作内容
診 断 方 法確 認 の ポ イ ン ト
基本
故障
診断
運転しない電源、配線、機種名、
リモコン電池、他
① 電源が入っていない
② 電源電圧の間違い
③ 連絡電線の接続間違い
④ 室内/ 室外の組合せ間違い
⑤ リモコン電池、アドレス設定不備
⑥ 保護装置作動
運転している
冷えない
(暖まらな
い)
設定温度、能力不足、配管長、他① 温度設定の間違い
② 室内/ 室外の組合せ間違い
③ エアフィルターの目詰まり
④ 能力不足
⑤ 冷媒配管が長い、または詰まり
⑥ 冷媒量の点検
運転すると、
安全ブレーカ
ーが
動作する
ブレーカー容量不足、専用回路、
電線の太さ、空気混入、室外制御
基板
① 安全ブレーカー容量不足、専用回路?
② 電線の太さ…細い
③ 供給電圧が定格の± 10%以内でない
④ 空気混入(冷媒過充填)
⑤ 室外プリント板破損(短絡)
運転の音・振
動が
大きい
配管長、取付壁、据付強度、他① 配管長が短い
② 取付壁が薄い
③ 防振対策不良
④ 製品変形が生じた
⑤ 冷媒量の過不足
0シス
テム
正常故障記憶なし正  常
A1 室内室内プリント
基板不良
室内機で電源からの検出が正常
かどうか
判断します。
① 室内制御基板不良
② コネクタ接続不良
③ 室内/ 外端子盤不良
A3室内ドレン水位系
異常
による停
フロートスイッチ検出回路から、
フロート
スイッチ作動オープン
状態入力がマイコ
ンに入力された時
① ドレン配管の詰まり、配管勾配不良。
② フロートスイッチの導通、動作確認。
③ ドレンモーターの確認、制御基板不良。
A5室内高圧制御、凍
結防
止による
停止

(サーミスタ
によ
る)
熱交換器温センサーの温度が(65)℃
超えた時、熱交換器温センサーの
温度が
連続して(0)℃以下を検出した
時に、診
断記号を記憶し停止する。
① 室内機フィルタ汚れによる停止
② 室内機熱交汚れによる停止
③ ショートサーキットによる停止
④ 室内熱交サーミスタ不良による誤検出
⑤ 室内プリント基板不良による誤検出
⑥ 冷媒充填量過不足による場合
室外氷結防止制御
よる停止
冷房運転時、停止室の
(A)室内熱交温度≦−1℃
(B)室内熱交温度≦室温−10℃
(A)(B)同時に(5)分継続した時
●室内氷結防止による停止が(4) 回
連続
して確定したらシステムダウン
します。
① 誤配線、誤配管による停止
② 各室Ev 動作不良による停止
③ 室内熱交換器温センサーの確認
【特性の変化抵抗値の確認】 
④ 室内のショートサーキット、エアフィルター
目詰まりも確認。
A6室内ファン電動機
系異
常(DC 電
動機)
による
停止
ファン電動機最大回転数要求時、
検出し
た回転数がHH タップの50%
以下のとき。
① ファンを手でまわしスムーズに回転するか
② ファン電動機内断線、ショートによる停止
③ ファン電動機リード線断線による停止
④ 室内プリント基板不良による誤検出
C4・
C9
室内室内熱交温度
サーミスタ異
サーミスター入力電圧が4.96V 以上
たは0.04V 以下の時。
センサーの温度(−50)℃(1860)
以上、(212)℃(120)Ω未満
を検出した時、
異常表示する。
サーミスタ不良、オープン【(1860)k Ω以上】
またはショート
【(120) Ω以下】していなければ、
コネクタの接触不良または、制御基板不良。
C7室内シャッター駆
動用
電動機の
不良

シャッター用
リミットスイ
ッチ
不良
吹出し口のシャッターのロック
【床置きタイプのみ】
シャッターが開の時リミットスイ
ッチが閉。

シャッターが閉の時リミットスイ
ッチが開。
① シャッター駆動用電動機の不良
② シャッター用リミットスイッチの不良
③ シャッターの変形
④ シャッターのシール材取付不良
⑤ 中継ハーネス断線またははずれ
⑥ プリント板(2) 不良による誤検出
⑦ 吹出し口に異物が入った時
CC室内温度センサー
異常検出
サーミスター入力電圧が4.96V
以上または
0.04V 以下の時。
(機種により変動)
① センサプリント板不良
② コネクタの接触不良プリント基板不良。
E5室外圧縮機過負荷
によ
る停止
サーミスター入力電圧が4.96V
以上ま
たは0.04V 以下の時。
(機種により変動)

圧縮機OL による停止が2 回確定
したら
システムダウンします。
異常カウンターは
復帰後圧縮機運
転時間60 分間異常なけ
ればリセ
ット
① 冷凍サイクルの確認:ガス漏れ【冷媒が少
ない】
 症状は、時々室外機が停止する。
② 異常表【特性の変化:抵抗値の確認】
③ 室外放熱妨害、室外ファン不良
④ 四方弁動作不良、電動弁不良
⑤ 閉鎖弁不良、室外プリント基板不良
E6室外圧縮機ロック
(回転異常)
① 圧縮機の回転が制御信号に同期
しない
時、10Hz 未満が20 秒連続、
または
160Hz 以上を検知した時
② 圧縮機運転開始40 秒後、位置
検出回
路による圧縮機周波数80Hz
以上を検
知したとき
③ 16 回でシステムダウン
④ クリア条件:約5 分間連続運転
(正常)
① 二方弁・三方弁の開け忘れの確認
② 制御基板のインバーター回路【オープン】
の確認

③ 圧縮機ロック 
④ 室外プリント基板不良
E7室外DC ファンロッ
室外ファン電動機回転条件時、
30 秒以
上ファンが回転しないとき、
16 回でシ
ステムダウン
クリア条件:約5 分間連続運転
(正常)
① ファンロック異常の確認
② ファンモーターコネクタの外れ、接触不良、
ファンモーター不良、
制御基板不良
③ ファンに異物がからまっていないこと
E8室外入力過電流検
出に
よる停止
圧縮機運転中にCT 入力が(20)A
以上
の状態が2.5 秒間継続した時、
16 回で
システムダウン
クリア条件:
約60 分間連続運転(正常)
① 圧縮機不良による過電流
② パワートランジスタ不良による過電流
③ インバーター主回路電解コンデンサ不良に
よる過電流

④ 室外プリント基板不良による過電流
⑤ 室外プリント基板不良による誤検出
⑥ ショートサーキットによる過電流
EA室外四方弁不良冷房・除湿時
室外熱交温度−液管温度<(−5) ℃
暖房時
液管温度−室外熱交温度<(−5) ℃
以上の状態が圧縮機起動3 分後に
出現
した場合
① コネクタ接続不良
② サーミスタ不良
③ 室外プリント基板不良
④ 四方弁不良
⑤ 四方弁コイル・ハーネス不良
⑥ 冷媒異物混入による弁の切換不良
F3室外吐出管温度制
御に
よる停止
吐出管温度による停止が6 回確定:
システムダウン
吐出管サーミスタの検出温度
(120)℃以
上で停止(107)℃以下で
異常を解除する。

停止温度
① 周波数上昇時45Hz 以上or
 下降時40Hz以上の時:110℃
② 周波数上昇時30Hz以上45Hz
未満
or下降時25Hz以上40Hz未満
の時:102℃

③ 周波数上昇時30Hz 未満or
下降時25Hz 未満の時:98℃
 クリア条件:約60 分間運転
(正常)
① 吐出管・熱交換・外気サーミスタ点検
② 四方弁・コイル動作確認
③ 冷媒過不足確認
④ 室外プリント基板不良
⑤ 閉鎖弁・電動弁確認
コー
ド表
ユニ
ット
区分
異常または
保護動作内容
診 断 方 法確 認 の ポ イ ン ト
H6室外位置検出セン
サー
不良によ
る停止
運転開始より、約15秒圧縮機が
回転
しないとき、16回でシステム
ダウン

クリア条件:
約5 分間連続運転(正常)
① 圧縮機中継はずれによる誤検出
② 圧縮機不良による起動不良
③ 室外プリント基板不良による起動不良
④ 閉鎖弁「閉」による起動不良
⑤ 入力電圧異常
H8室外CT 異常検出に
る停止
圧縮機運転周波数が(55)Hz 以上
の時、
CT 入力が(0.1)V 以下:
入力電流が
(1.25)A 未満、
(60) 分間に(4) 回でシ
ステム
ダウン

クリア条件:約60 分間異常停止
なけれ
ばリセット
① 冷凍サイクルの確認:ガス漏れ。
(冷媒が非常に少ない)

② 室外プリント基板の確認
  パワートランジスタ不良
  圧縮機回路の部品不良、結線状態確認。
P4室外放熱フィン
サーミスタ異
各センサーのオープンまたは
ショートに
て全停止
サーミスター入力電圧が4.96V
以上ま
たは0.04V 以下の時。
( 機種により変動)

J3 の場合:
吐出管サーミスタ<凝縮器サーミ
スタで
も判断しています>

J8 の場合:
全てのユニットに異常が確定され
た場合
は、システムダウンします。
① コネクタ接続不良 
② サーミスタ不良
③ 室内プリント基板不良
④ 室外プリント基板不良
⑤ J3 のときは凝縮器サーミスタ
(冷房なら室外熱交サーミスタ、
暖房なら室内熱交サーミスタ)の不良
J3室外吐出管温度
サーミスタ異
J6室外室外熱交温度
サーミスタ異
J8室外液管サーミス
異常
J9室外ガス管サーミ
スタ
異常
H9室外外気サーミス
タ系
異常によ
る停止
L3室外電装品箱内温
異常による
停止
圧縮機停止時、放熱フィン
温度が(80)℃
以上のとき(70)℃
以下で復帰
① 室外ファン故障によるフィン温度上昇
② ショートサーキットによるフィン温度上昇
③ フィンサーミスタ不良による誤検出
④ コネクタ接続不良による誤検出
⑤ 室外プリント基板不良による誤検出
L4室外放熱フィン温
度上
昇による
停止
圧縮機運転時、放熱フィン温度が
(85)℃
以上のとき4 回連続して
確定したらシ
ステムダウン
クリア条件:約60 分間異常停止
なけれ
ばリセット
① 室外ファン故障によるフィン温度上昇
② ショートサーキットによるフィン温度上昇
③ フィンサーミスタ不良による誤検出
④ コネクタ接続不良による誤検出
⑤ 室外プリント基板不良による誤検出
L5室外出力過電流検
による停止
圧縮機運転中に、位置信号異常・
速度異
常・出力過電流の入力が
マイコンに入力
されたとき16 回で
システムダウン

クリア条件:約5 分間連続運転
(正常)
① パワートランジスタ不良による過電流
② 機内配線不良による過電流
③ プリント基板不良による過電流
④ プリント基板不良による誤検出
⑤ 閉鎖弁「閉」による過電流
⑥ 圧縮機不良による過電流
⑦ 現地据付状態不良による過電流
U0システムガス欠検出
による停止
ガス欠検出Ⅰ:CT で検出して
いる入力
電流値と、圧縮機運転
周波数とによりガ
ス欠の検出を
行ないます

ガス欠検出Ⅱ:室内熱交温度と
室内温度
の温度差、室外熱交温度
と外気温度の温
度差から検出
ガス欠の異常が4 回確定したら
システ
ムダウン
クリア条件:約60 分間異常停止
なけれ
ばリセット
① 冷媒不足(冷媒漏れ)
② 圧縮機の圧縮不良
③ 吐出管サーミスタのはずれ
④ 内・外熱交サーミスタのはずれ
⑤ 内・外気サーミスタのはずれ
⑥ 閉鎖弁「閉」運転
⑦ 電動弁不良
U2シス
テム
低電圧検出
による停止
過電圧検出回路から過電圧信号
がマイコ
ンに入力された時また
はDC 電圧検出回
路で検出した
電圧が150V 未満を0.1
秒間検出
した時、16 回でシステムダウン

クリア条件:約60 分間異常停止
なけれ
ばリセット
① 電源電圧の異常
② 過電圧検出部の故障または、DC 電圧検出
回路の故障

③ PAM 制御部品の故障
・ 室外機FM が内部回路ショート状態の時、
連鎖破壊で室外機
制御基板を破壊する場合あり。
・ メイン基板、電源基板も破壊する場合あり。
U3シス
テム
内/外組合せ
一致による
停止
マイコン上の機種組合せ検出
機能により
誤接続を検出

セパレート機とマルチ機を接続
したよう
な場合

電圧瞬時低下、瞬時停電
電源電圧、伝送異常、LSI
プログラム異
① 他室室内の凍結防止による停止
② 室内接続機種間違い
③ 室内プリント基板搭載間違い
④ 室外プリント基板搭載間違い
⑤ 室内プリント基板不良
⑥ 電圧瞬時低下、瞬時停電確認
UAシス
テム
内/外受電源
不良
内/外組合せ
一致による
停止
UHシス
テム
他室室内の凍
防止による
停止
内/外電圧不
良に
よる停止
内/外組合せ
一致による
停止
U4シス
テム
伝送異常(室
内機
– 室外機
間)
室外機から送られてくるデータ
が受信で
きない、またはデータ
の内容が異常のと
き通信が15 秒
間内−外通信が出来ない
場合
システムダウン
① 室内機、室外機プリント基板不良。
② 内外通信線の誤配線の確認。
③ 電圧をはかり、電圧が確実に室外機に供給
されているか、もしくは、
室外機より室内機へ
帰ってきているか確認してください。
室外プリント
基板
不良・送
受信回路
異常
U5シス
テム
伝送異常(室
内機
– ワイヤー
ドリモ
コン
間)
室内機から送られてくるデータ
が正常に
受信できない、データ
の内容が異常の時
① リモコンコード不良
② リモコン不良
③ 室内プリント基板不良
*室内光クリーン系
異常
光クリーンランプが点灯しなく
なった時
① プリント基板不良
② 光クリーンランプ不良

コメント

error: