冬場に備えた暖房機特集「レンタルサーバーとLinuxサーバーの勉強室」サイトをオープンしました

koro

暖房特集

エアコン暖房を上手に使って電気代を節約 

エアコンの冷房・暖房どちらが電気代高い? これを知るには、エアコンの冷房・暖房の仕組みを少し知らなければななりません。エアコン業界の方にとっては釈迦に説法ですが!! 簡単に説明します。 冷房 : エアコンの中にある低温冷媒ガスの冷気を室内に流す 暖房 : 冬の外気の中にある少しの熱を冷媒ガスに取り込み室内に流す・・暖冬の方が暖まりやすい
暖房特集

暖房の種類と電気代

暖房の方法と特徴 エアコン エアコンは、部屋全体を温風の循環で暖める暖房器具です。リビングなどの広い空間全体をあたためたい場合に向いていますが、あたたまるまでには時間がかかります。 特徴 部屋全体を暖気循環であたためる。 得意 部屋全体をあたためる 苦手 すぐにあたたまらない ファンヒーター エアコンと同じく、空間全体を温風の循環で暖める暖房器具です。室内全体をあたためたい場合に向いていますが、あたたまるまでには時間がかかります。 特徴 空間全体を温風の循環であたためる。 得意 空間全体をあたためる 苦手 すぐにあたたまらな
暖房特集

最新暖房機の方式と特徴

ヒーターの種類 電気ヒーターとは 赤外線や遠赤外線などの熱エネルギーを出すことで暖める「電気ヒーター」。 ハロゲンやカーボンなど発熱体によって、特長が異なってきます。 共通の特長として、即暖性に優れ、空気を汚さない、小型・軽量で移動し...
コラム

国際エネルギー機関(IEA)発表 再生可能エネルギー発電、24年までに5割増、太陽光がけん引

国際エネルギー機関(IEA)は21日、世界の再生可能エネルギーの2024年の発電容量が、18年比で5割増えるとの予測を発表した。けん引役として太陽光に着目し、分散型電源の普及などで増加分の6割を占めるとの見方を示した。電源全体に占める再生エネの比率は30%と5ポイント高まる見込みだが、IEAは気候変動対策へ普及の加速が必要だと訴えている。
トピックス

経済産業省 改正フロン排出抑制法に関する説明会を開催

経済産業省において、令和2年4月に施行される、フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律の一部を改正する法律について、その内容を広くお知らせするため、全国で説明会を開催します。主に業務用冷凍空調機器のユーザーを対象とする説明会を12回、主に建物解体業者及び廃棄物・リサイクル業者を対象とする説明会を7回開催する予定です。
新製品情報

コンパクトながらパワフルな暖房能力を実現「ノクリア」寒冷地向けエアコンDNシリーズ

富士通ゼネラルは、外気温-25℃でも暖房運転が可能な寒冷地向けエアコン「ノクリア」DNシリーズを10月31日から順次発売する。今回発売するのは6畳用の「AS-DN22K」、8畳用の「AS-DN25K」、10畳用の「AS-DN28K2」、14畳用の「AS-DN40K2」、18畳用の「AS-DN56K2」の5機種。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、18万円前後~24万円前後(税抜)。
新製品情報

シャープ プラズマクラスターエアコン<Xシリーズ>9機種を発売

シャープは、業界で初めて気象予報を活用し、クラウドAIによる運転制御で睡眠中から日中まで一日を通じて快適さと省エネを実現するプラズマクラスターエアコン<Xシリーズ>9機種を発売します 本シリーズは、夏季に寝室で就寝時から起床時までエアコンの冷房運転を行う方が多い一方、冷房による冷え過ぎや光熱費の高さなどに不満を感じている方が多いことに着目し、株式会社ニューロスペース(本社:東京都墨田区、代表:小林孝徳)と共同で、新たにクラウドAIによる睡眠のステージ(段階)に合わせた運転制御機能を開発。気象予報を活用し省エネ運転を行いながら、日々の運転制御データを蓄積しクラウドAIで分析することで、一人ひとりに快適な睡眠環境が得られる運転を実現します。
2019.10.11
新製品情報

ダイキン 新ブランド『うるるとさららシリーズ』で4商品を新発売

ダイキン工業株式会社は、健康で快適な空間づくりに欠かせない湿度コントロール技術に優れた空調商品をラインアップしたブランドライン『うるるとさららシリーズ』を新たに立ち上げ、壁掛形ルームエアコン『うるさらX(エックス)』『うるさらmini(ミニ)』、除加湿ストリーマ空気清浄機『うるるとさらら空気清浄機』、店舗・オフィス用エアコン『うるるとさららZEAS(ジアス)』を2019年11月1日より順次発売。 『うるるとさららシリーズ』は、空調の付加価値づくりを追求する中で培ってきた湿度コントロール技術を軸に、用途に合わせて多彩な技術を組み込んだブランドライン。『うるるとさらら』発売20周年を機に立ち上げた本ブランドの展開で、湿度に対する生活者の意識を高めるとともに、人々の暮らしの空間であるリビングルームや寝室、子ども部屋、オフィスや店舗、病院など、あらゆる場所の年間を通じた健康・快適な空間づくりを提供していく。
コラム

なぜ再生可能エネルギーが日本で普及しないのか

第5次エネルギー基本計画(平成30年7月)の矛盾について 再生可能エネルギーが日本で普及しないのはなぜか慶應義塾大学名誉教授の金子 勝先生のレポートを参考にして、公表されている事実を基に考えてみました。 昨年政府が発表した「第5次エネルギー基本計画」を見てみると、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを「主力電源」にすると言う一方、「可能な限り原発依存度を低減する」としながら原発は「重要なベースロード電源」とする。 となっている。 これは一体どのように解釈すれば良いのか矛盾を感じる。 事実、政府は原発を「可能な限り依存度を低減する」としながら、「重要なベースロード電源」と位置づけて再稼働を推進するとしている。
2019.10.01
新製品情報

日立 「白くまくん」に室外熱交換器の自動お掃除機能を搭載

日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社は、業界で初めてエアコンの室外熱交換器を自動で掃除する機能を搭載した「白くまくん」プレミアムXシリーズ全11機種を、10月末より販売開始します。 新しい「白くまくん」プレミアムXシリーズは、ファン逆回転と「凍結洗浄」による「室外熱交換器自動お掃除」機能を搭載し、汚れによる風量低下を抑えます。これにより、性能低下によるムダな電気代の発生を低減することにも貢献します。 また、室内機のクリーン機能をさらに進化させました。エアコンの運転中はもちろん、運転していない時も24時間365日エアコン室内機の内部を見張り、プラズマイオンの充満や、加熱・低湿制御を行い、カビを抑制する、「カビバスター」機能を搭載しました。加えて、「凍結洗浄」「ファンロボ」で、カビとカビの養分となるホコリも除去し、エアコン内部を清潔な状態にします。
error: