業務用エアコンエラーコード専用サイトを開設しましたLinuxサーバー構築マニュアルはこちら

国際エネルギー機関(IEA)発表 再生可能エネルギー発電、24年までに5割増、太陽光がけん引

国際エネルギー機関(IEA)は21日、世界の再生可能エネルギーの2024年の発電容量が、18年比で5割増えるとの予測を発表した。けん引役として太陽光に着目し、分散型電源の普及などで増加分の6割を占めるとの見方を示した。電源全体に占める再生エネの比率は30%と5ポイント高まる見込みだが、IEAは気候変動対策へ普及の加速が必要だと訴えている。

[以下IEA発表 本文 英文]

The installation of solar PV systems on homes, commercial buildings and industrial facilities is set to take off over the next five years, transforming the way electricity is generated and consumed, according to the International Energy Agency’s latest renewable energy market forecast.

These applications – known collectively as distributed PV – are the focus of the IEA’s Renewables 2019 market report, which was released today.

The report forecasts that the world’s total renewable-based power capacity will grow by 50% between 2019 and 2024. This increase of 1,200 gigawatts – equivalent to the current total power capacity of the United States – is driven by cost reductions and concerted government policy efforts. Solar PV accounts for 60% of the rise. The share of renewables in global power generation is set to rise from 26% today to 30% in 2024.

The expected growth comes after renewable capacity additions stalled last year for the first time in almost two decades. The renewed expansion remains well below what is needed to meet global sustainable energy targets, however.

“Renewables are already the world’s second largest source of electricity, but their deployment still needs to accelerate if we are to achieve long-term climate, air quality and energy access goals,” said Dr Fatih Birol, the IEA’s Executive Director.

The report highlights the three main challenges that need to be overcome to speed up the deployment of renewables: policy and regulatory uncertainty, high investment risks and system integration of wind and solar PV.

Distributed PV accounts for almost half of the growth in the overall solar PV market through 2024. Contrary to conventional wisdom, commercial and industrial applications rather than residential uses dominate distributed PV growth, accounting for three-quarters of new installations over the next five years. This is because economies of scale combined with better alignment of PV supply and electricity demand enable more self-consumption and bigger savings on electricity bills in the commercial and industrial sectors.

Still, the number of solar rooftop systems on homes is set to more than double to some 100 million by 2024, with the top markets on a per capita basis that year forecast to be Australia, Belgium, California, the Netherlands and Austria.

“As costs continue to fall, we have a growing incentive to ramp up the deployment of solar PV,” said Dr Birol. The cost of generating electricity from distributed solar PV systems is already below retail electricity prices in most countries. The IEA forecasts that these costs will decline by a further 15% to 35% by 2024, making the technology more attractive and spurring adoption worldwide.

The report warns, however, that important policy and tariff reforms are needed to ensure distributed PV’s growth is sustainable. Unmanaged growth could disrupt electricity markets by raising system costs, challenging the grid integration of renewables and reducing the revenues of network operators. By reforming retail tariffs and adapting policies, utilities and governments can attract investment in distributed PV while also securing enough revenues to pay for fixed network assets and ensuring that the cost burden is allocated fairly among all consumers.

“Distributed PV’s potential is breathtaking, but its development needs to be well managed to balance the different interests of PV system owners, other consumers and energy and distribution companies,” Dr Birol said. “The IEA is ready to advise governments on what is needed to take full advantage of this rapidly emerging technology without jeopardising electricity security.”

According to the report’s Accelerated Case, improving economics, policy support and more effective regulation could push distributed PV’s global installed capacity above 600 GW by 2024, almost double Japan’s total power capacity today. Yet this accelerated growth is still only 6% of distributed PV’s technical potential based on total available rooftop area.

As in previous years, Renewables 2019 also offers forecasts for all sources of renewable energy. Renewable heat is set to expand by one-fifth between 2019 and 2024, driven by China, the European Union, India and the United States. The heat and power sectors become increasingly interconnected as renewable electricity used for heat rises by more than 40%. But overall, renewable heat potential remains vastly underexploited. The share of renewables in total heat demand is forecast to remain below 12% in 2024, calling for more ambitious targets and stronger policy support.

Biofuels currently represent some 90% of renewable energy in transport and their use is set to increase by 25% over the next five years. Growth is dominated by Asia, particularly China, and is driven by energy security and air pollution concerns.  Despite the rapid expansion of electric vehicles, renewable electricity only accounts for one-tenth of renewable energy consumption in transport in 2024. And the share of renewables in total transport fuel demand still remains below 5%. The Accelerated Case sees renewables in transport growing by an additional 20% through 2024 on the assumption of higher quota levels and enhanced policy support that opens new markets in aviation and marine transport.

[本文 和訳]

国際エネルギー機関の最新の再生可能エネルギー市場の予測によると、住宅、商業ビル、産業施設への太陽光発電システムの設置は、今後5年間で離陸する予定であり、電力の生成と消費の方法を変えます。

これらのアプリケーション(総称して分散PVと呼ばれる)は、本日発表されたIEAのRenewables 2019市場レポートの焦点です。

このレポートでは、世界の再生可能エネルギーの総電力容量は2019年から2024年の間に50%増加すると予測しています。。太陽光発電は上昇の60%を占めています。世界の発電における再生可能エネルギーの割合は、現在の26%から2024年には30%に増加する予定です。

予想される成長は、再生可能容量の追加が昨年ほぼ20年ぶりに失速した後にもたらされます。ただし、新たに拡大したものは、世界の持続可能なエネルギー目標を達成するために必要なものをはるかに下回っています。

「再生可能エネルギーはすでに世界第2位の電力源ですが、長期的な気候、大気質、エネルギーアクセスの目標を達成するためには、その展開をさらに加速する必要があります」とIEAのエグゼクティブディレクターであるFatih Birol 博士は述べています。

レポートは、再生可能エネルギーの展開を加速するために克服する必要がある3つの主要な課題を強調しています。政策と規制の不確実性、高い投資リスク、風力と太陽光PVのシステム統合です。

分散型PVは、2024年までの太陽光発電市場全体の成長のほぼ半分を占めます。住宅用ではなく、従来の知恵、商業および産業用アプリケーションが分散型PVの成長を支配し、今後5年間で新規設置の4分の3を占めます。これは、規模の経済性とPV供給と電力需要の整合性の向上により、商業部門と産業部門での自己消費が増え、電気料金が大幅に節約できるためです。

それでも、家庭のソーラールーフトップシステムの数は2024年までに2倍以上から約1 億に設定されており、1年あたりのトップマーケットはオーストラリア、ベルギー、カリフォルニア、オランダ、オーストリアと予測されています。

「コストが下がり続けているため、太陽光発電の導入を拡大するインセンティブが高まっています」とBirol 博士は述べています。分散型太陽光発電システムから発電するコストは、ほとんどの国ですでに小売電力価格を下回っています。IEAは、これらのコストが2024年までにさらに15%から35%減少し、テクノロジーをより魅力的にし、世界中で採用を促進すると予測しています。

しかし、このレポートは、分散型PVの成長を持続させるために重要な政策と関税改革が必要であると警告しています。管理されていない成長は、システムコストを高め、再生可能エネルギーのグリッド統合に挑戦し、ネットワークオペレーターの収益を減らすことにより、電力市場を混乱させる可能性があります。小売関税を改革し、政策を適応させることにより、公益事業者および政府は、分散ネットワーク資産への投資を誘致できると同時に、固定ネットワーク資産の支払いに十分な収益を確保し、すべての消費者にコスト負担を公平に割り当てることができます。

「分散型PVの可能性は息をのむほどですが、PVシステムの所有者、他の消費者、エネルギーおよび配電会社のさまざまな利益のバランスをとるために、その開発をうまく管理する必要があります」とBirol 博士は言います。「IEAは、電力セキュリティを危険にさらすことなく、急速に発展するこの技術を最大限に活用するために必要なことについて政府に助言する用意があります。」

報告書の加速事例によると、経済性、政策支援、より効果的な規制の改善により、2024年までに分散型PVの世界の設備容量が600 GWを超え、現在の日本の総電力容量のほぼ2倍になります。しかし、この加速成長は、利用可能な屋上面積の合計に基づく分散型PVの技術的可能性のわずか6%にすぎません。

過去数年と同様に、Renewables 2019 はすべての再生可能エネルギー源の予測も提供しています。再生可能熱は、中国、欧州連合、インド、米国に牽引され、2019年から2024年の間に5分の1に拡大する予定です。熱に使用される再生可能電力が40%以上増加するにつれて、熱および電力部門はますます相互接続されます。しかし、全体として、再生可能な熱の可能性は依然として十分に活用されていません。総熱需要に占める再生可能エネルギーの割合は、2024年には12%を下回ると予測され、より野心的な目標とより強力な政策支援が求められます。

バイオ燃料は現在、輸送中の再生可能エネルギーの約90%を占めており、今後5年間でその使用量は25%増加する予定です。成長は、アジア、特に中国に支配されており、エネルギー安全保障と大気汚染の懸念によって推進されています。電気自動車の急速な拡大にもかかわらず、2024年の輸送における再生可能エネルギー消費の10分の1を占めるのは再生可能電力のみです。また、輸送燃料の総需要に占める再生可能エネルギーの割合は依然として5%未満です。加速ケースは航空および海上輸送における新たな市場を開く高いクォータレベルの前提と強化された政策支援で2024年を通じて、追加の20%で成長して輸送中に再生可能エネルギーを見ています。