冬場に備えた暖房機特集「レンタルサーバーとLinuxサーバーの勉強室」サイトをオープンしました

銅管配管のブローと組付け

4.銅管配管のブロー

配管のブローとは配管内の異物等を窒素のガス圧により除去することである。

1.ろう付時の「窒素ガス、ブロー不足」により銅管内に出来た酸化皮膜の除去。
2.養生不足による配管内の異物・水分などの除去
3.室内-室外間の配管系統の接続確認。(液、ガス共) 

(手順例)右図の場合、Aユニットの液管から
開始。
①窒素ボンベに減圧弁をセットする。
*必ず窒素ガス使用のこと。(酸素ガスは厳禁)
②減圧弁からのチャージホースを室外ユニット液
管側サービスポートに接続する。
③室内ユニット(B)の液管に仕切りプラグを取
り付ける。
④窒素ボンベの元バルブを開け、減圧弁を
0.5MPaまで上げる。
⑤Aユニットの液管より、窒素ガスが出てくる
ことを確認する。
⑥ブロー
・配管を手のひらで押さえる。
  ↓
・圧力が高くなりおさえきれなくなれば、一気に
手を配管より離す。

(1回目ブロー)
  ↓
再度手のひらで押さえる。
  ↓
(2回目のブローを行う)
*ブロー時、配管の端にウエスを軽く当てておき、
異物の内容、量を確認する。
万一、水分が少量でも発見された時は、配管内の
水分を完全に抜き取る。
処置
(1)水分が出てこなくなるまで、窒素ガスで配
管内をブローする。
(2)真空乾燥を完全に行う。
⑦窒素ボンベの元バルブを閉める。
⑧Bユニット液管において、上記の作業を繰り
返す。
⑨液管終了後、次にガス管も実施する。

5.配管組付け

5.1 フレア接続

①締め付けは、必ずジョイント側をスパナ等で固定し、フレアナットとともに回らないように施工する。締付けの際にはトルクレンチを必ず使用し、表に示すトルクで締め付ける。
締め付けるときは次の順序で行う。

仮締め付け → 一旦緩める → 再度仮締め付け → トルクレンチで締め付け

ユニオンのネジ部に冷凍機油を塗布した場合は、同一の締付けトルクの値でも、ネジ部摺動摩擦力が下がることにより、軸方向分力が増加して締め過ぎの状態になり、フレアの応力腐食割れの原因となることがあるため、ユニオンネジ部、又はフレア外面への冷凍機油の塗布は推奨しない。
フレア内面への冷凍機油塗布の有無については、各メーカの据付説明書による。

単位:N-m

フレアナット管の外径標準締め付けトルク
6.3516±2
9.5238±4
12.7055±6
15.8875±7
19.05110±10

5.2 フランジ接続

①フランジのシート面は、清潔で、キズ等のないこと。

(汚れなどがある場合は、ウエスで清掃の上、キズなどがないことを確認する。)
②片締めのないように、対角線方向のボルトを順番に締め付ける。(締付けトルクは各メーカの据付説明による)

フランジボルトの締付け手順

①手で軽く締め付ける
②対角線上に目標締付けトルクの20%~30%で締め付ける。
③対角線上に目標締付けトルクの50%~70%で締め付ける。
④対角線上に目標締付けトルクの100%で締め付ける。
⑤最後に時計回りにて、締め付けの確認をする。

エアコンを使わない最新の暖房機特集

ダイニチ
石油ファンヒーター 
コロナ
NOILHEAT
ヤマゼン
パネルヒーター
Dyson Pure Hot + Coo
l空気清浄ファンヒーター

 

銅管の場合
サポートのお願い
サポートよろしくお願いします
「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」サイト管理者の”コロ”です。
この記事を気に入って下さった方、「寄付してあげてもいいよ」という方がいらっしゃったらサポートしていただけると嬉しいです。サーバーの運用に役立たせて頂きます。
Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック

金額は空白欄に適当に(500円から)書きこんで下さい。(あらかじめ入っている金額はAmazonの設定なので気になさらないでください)。
メールのあて先は 「mei@marchan-na.com(メールアドレス)」です。
※上記のアドレスはサポート受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてあるのでご注意ください。
よろしくお願いいたします。

エアコンの安全な修理・適切なフロン回収

コメント

error: