業務用エアコンエラーコード専用サイトを開設しました資料ダウンロードサイトはこちら

東芝ライフスタイル 風を感じにくい『無風感冷房』を搭載したルームエアコン「DXシリーズ」発売

東芝ライフスタイル株式会社は、強力な空気清浄機能「プラズマ空清」を搭載するルームエアコン「大清快」の新シリーズとして、「風の質」に着目し、新開発の「風カットルーバー」により、風を感じにくい「無風感冷房」と、センサーが人の快適度を判断し、状況に応じて最適な運転を自動でコントロールする「全自動運転」を搭載した「DXシリーズ」5機種を4月下旬から発売します。

1.人の快適度をエアコンが判断し、最適な運転に自動で調節する「全自動運転」

内蔵されたセンサーで、運転内容を全てエアコンが自動でコントロールする「全自動運転」を搭載。人の体表温度、部屋の輻射温度を感知する「温冷熱センサー」と、温度センサー、湿度センサー、明るさ[日あたり]サーチセンサーが、室温、湿度、昼夜など総合的に人の快適度を判断し、冷暖房の切替え、風量、パワー調整まで状況に合わせた快適な運転を自動で行います。面倒なエアコン設定は一切不要で、夏も冬も快適に過ごすことができます。

【冷房】新開発「風カットルーバー」で、涼しいのに冷風を体に感じにくい「無風感冷房」 【暖房】冷えやすい足元から体をぽかぽかにする「足元ねらって暖房」

2.空気清浄だけでも使える!空気中の汚れ物質を除去「プラズマ空清」

冷房・暖房との併用の他、単独での運転も可能な、適用床面積8畳の空気清浄機能「プラズマ空清」を搭載。プラズマ空清ユニットが、吸い込んだ様々な汚れ物質を帯電させて熱交換器に吸着させることで、PM2.5を99%除去、さらにPM0.1レベルの超微細な粒子(0.09~0.11μm)までも除去することを検証しています。

花粉はもちろん、カビや細菌、ウイルス、タバコの煙も集じんできるので、エアコンからはいつも清潔な空気が流れます。吸着した汚れ物質は、冷房・除湿運転時に発生する結露水で屋外に流されていくので、面倒な空気清浄ユニットのお手入れは不要。

3.運転状況確認や操作設定がスマホで簡単にできる無線LAN機能を標準搭載

当社が提供するクラウドサービスのスマートフォン専用アプリをダウンロードし、エアコンを無線LANでインターネットに繋ぐことで、家の中では勿論、外出先からでもエアコン操作や運転状況の確認ができます。

また、スマートフォンの大画面&タッチ操作を活かした直感的に操作できる画面設計で、現在の運転状況を視覚的に表示する他、室温や湿度、タイマーの作動時間など、リモコンでは表示されない情報まで見える化。さらにお手入れの時期など、忘れがちな情報もお知らせしてくれます。

詳細は 東芝ライフスタイル株式会社 ニュースリリース
https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/about/press/2019/190403.html

新製品情報
エアコンの安全な修理・適切なフロン回収