業務用エアコンエラーコード専用サイトを開設しましたLinuxサーバー構築マニュアルはこちら

ダイキン 独自の換気機能を搭載したルームエアコン5商品を新発売

ダイキン工業は14日、独自の換気機能を備えたルームエアコン5モデルを発表した。家庭用のフラッグシップモデル「うるさらX(エックス)」や、小型の「うるさら mini(ミニ)」を11月1日に発売する。さらに、スタンダードモデル「Vシリーズ」を新たにラインナップして2021年3月30日より発売する。

換気しながら冷暖房できる独自機能。外気を暖めて快適な室内に

新型コロナウイルス感染拡大の中で換気への関心が高まっていることから、今回のルームエアコン5モデルは、暖房運転や冷房運転をしながら換気する独自の機能を搭載。快適な換気を実現するという。

うるさらXとうるさらmini、うるるとさらら天井埋込カセット形シングルフロータイプ、うるるとさらら床置形の4モデルは、冬は加湿/暖房した外気を、夏は除湿/冷房した外気を室内に取り込む。また、Vシリーズは、暖房で温めた空気や除湿/冷房した外気を給気できる。

うるさらXは、人の在室を検知すると換気ファンの風量を約10%増加する「センサー換気」機能を新たに搭載。リビングルームなどの大空間での快適な換気運転をサポートするという。

うるさらXはリモコンに「換気ボタン」搭載

フラッグシップモデルのうるさらXは、ボタンを押すだけで冷暖房+換気運転ができる「換気ボタン」をリモコンに搭載。また、スマートフォンアプリ「Daikin Smart APP」にも換気ボタンを備え、外出先や他の部屋からでも換気運転が行なえる。来夏には、うるさらXの換気運転とうるるとさらら空気清浄機を連動させる予定。

寝室や子供部屋に「うるさらmini」、換気対応スタンダード機「Vシリーズ」

うるさらminiは、上記のうるさらXと同じ構造の換気、加湿ユニットを用いた換気機能を搭載したコンパクトなモデル。寝室や子供部屋などの個室でも快適な換気を実現するという。目標湿度の設定も行なえ、室外機の加湿ユニットに取り込んだ外気から水分だけを取り出して室内の加湿に利用する。

詳細は ダイキン工業 HP  https://www.daikin.co.jp/press/2020/20201014/index.html