業務用エアコンエラーコード専用サイトを開設しました資料ダウンロードサイトはこちら

三菱重工冷熱、窒素(N2)冷媒採用の極低温対応・大容量型ブライン冷凍機を開発

三菱重工冷熱株式会社は、オゾン層破壊係数(ODP:Ozone Depletion Potential)、地球温暖化係数(GWP:Global Warming Potential)ともにゼロの窒素(N2)冷媒を採用し、業界トップクラスの極低温領域まで対応可能な大容量型ブライン冷凍機を新たに開発しました。

冷媒の選択肢が少ない超低温、極低温領域では未だにフロン冷媒を使用している冷凍機も多く、環境負荷低減の観点からノンフロン冷凍機へのニーズが高まっています。本機の冷媒には空気中に含まれる成分のうち約78%を占める窒素が使用されているため、環境や人体に対して安全です。また、ノンフロン冷媒の採用によりフロン排出抑制法の義務点検も不要で、高圧ガスの製造や消費などについて規定する高圧ガス保安法も適用外です。さらに圧縮・膨張機は、磁気軸受の採用により潤滑油が不要かつ寿命が半永久的で、保守・運用の面でお客様の負荷軽減にも貢献します。

詳細は 三菱重工サーマルシステムズ 製品紹介ページ参照
https://www.mhi-mth.co.jp/business/engineering/cooling-freezing/n2/

新製品情報
エアコンの安全な修理・適切なフロン回収