業務用エアコンエラーコード専用サイトを開設しました資料ダウンロードサイトはこちら

日立ルームエアコン「ステンレス・クリーン 白くまくん」Eシリーズ・Wシリーズ・Gシリーズ新製品に「凍結洗浄」を採用

日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社(CEO:フランツ・サーウィンカ)は、エアコン内部の熱交換器を自動で凍らせて一気に溶かし、熱交換器に付着したニオイの一因となるホコリや油汚れを洗い流す※ことができる熱交換器自動お掃除「凍結洗浄」を、3月上旬より順次販売開始する新製品「ステンレス・クリーン 白くまくん」Eシリーズ/Wシリーズ/Gシリーズ(以下Eシリーズ/Wシリーズ/Gシリーズ)全22機種に採用します。

「凍結洗浄」は、手入れのしにくい熱交換器の洗浄を年間通して定期的に自動で行い(*1)、エアコン内部をキレイにします。冷房や除湿時に発生する水を利用して汚れを洗い流す従来の熱交換器のコーティング(*2)では流しきれなかった汚れも年間を通して洗い流します。

Eシリーズ/Wシリーズの2シリーズは、除菌(*3)効果があるステンレスを採用した日立独自の「ステンレス・クリーン システム」を、従来から搭載していました。今回新たに製品ラインアップに加わるGシリーズにも、同システムを搭載します。
加えて、今回の新製品では3シリーズ全てに「凍結洗浄」を採用することで、エアコン内部のクリーン機能をさらに拡充しました。これによって、エアコンの機能や設置場所に対するお客様の多様なニーズにも、より高い水準のクリーン機能を合わせ持つ製品を提供できるようになります。

EシリーズとWシリーズは、新たに「凍結洗浄Standard」を、Gシリーズには「凍結洗浄Light」を搭載します。「凍結洗浄Standard」は「くらしカメラ」を利用した自動洗浄機能を備え、「凍結洗浄Light」は運転時間に応じた定期的な自動洗浄と手動洗浄の基本機能に絞りました。

EシリーズおよびWシリーズは人の数や位置、動きなどをキャッチする「くらしカメラ」が、お部屋を見て人のいない時を選んで、自動で洗浄を行います。

※詳細は 日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社 ニュースリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000020546.html


 

新製品情報
エアコンの安全な修理・適切なフロン回収