業務用エアコンエラーコード専用サイトを開設しました資料ダウンロードサイトはこちら

2020-02

新製品情報

三菱電機、AI活用のビル用マルチエアコン新製品を発売

三菱電機株式会社は、空調冷熱総合管理システムにAI 技術「Maisart?」を活用したビル用マルチエアコン新製品を7 月中 旬に発売します。ビル用マルチエアコンにAI を搭載するのは業界で初めてです。 最適な起動時刻の自動設定ができる空調冷熱総合管理システム「AE-200J」(Ver7.9)を、猛暑でも快適な冷房を実現す る新しいビル用マルチエアコンの最上位モデル「グランマルチ」に接続することで、最適な起動時刻を自動で設定する 「AI スマート起動」により無駄の無い快適な室温を実現し、快適性と省エネ性の向上に貢献します。
熱伝導と冷凍サイクル

熱伝導例題8 冷凍庫パネルの設計

【問題】下図のような材料の組み合わせで、単位面積あたりの侵入熱量\(Φ\)が20 W/m2の冷凍庫パネルを設計したい。 【設計条件】 外気温度 \(t_{a}\)=25℃ 庫内温度 \(t_{r}\)=-25℃ パネル外表面(外気側)の熱伝達率 \(α_{a}\)=10.0 W/ (m2・K) パネル内表面(庫内側)の熱伝達率 \(α_{r}\)=5.0 W/ (m2・K) パネル外皮材の厚さ及び熱伝導率 \(δ_{1}\)=0.5 ㎜、\(λ_{1}\)=50 W/(m・K) パネル芯材の厚さ及び熱伝導率 \(δ_{2}\)=150.0 ㎜、\(λ_{2}\)=0.03  W/(m・K) パネル内皮材の厚さ及び熱伝導率 \(δ_{3}\)=5.0 ㎜、\(λ_{3}\)=2.0  W/(m・K)
p-h線図と冷凍サイクル

p-h線図例題19 ホットガスバイパス式容量制御冷凍サイクル

【問題】 R401Aを冷媒として、負荷減少時に、圧縮機出口直後の吐出しガスの一部を蒸発器入口にバイパス弁を通して絞り膨張させ、容量制御を行う冷凍装置は、下図のとおりである。 この装置において、圧縮機の吐出しガス量の15mass%をバイパスして容量制御を行っているとき、問(1)(2)(3)それぞれ答えよ。 ただし、圧縮機の機械的摩擦損失仕事は吐出しガスに熱として加わるものとし、配管での熱の出入りおよび圧力損失はないものとする。また、全負荷時の点1、点2´、点3の冷媒状態と圧縮機の冷媒循環量は、容量制御時と変わらないものとする。
p-h線図と冷凍サイクル

p-h線図例題18 二段圧縮二段膨張

【問題】R404Aを冷媒とする二段圧縮二段膨張の冷凍装置を、下記の冷凍サイクルの条件で運転する。 この装置の冷凍能力は100kWである。 ただし、圧縮機の機械的摩擦損失仕事は吐き出しガスに熱として加わるものとする。また、配管での熱の出入りおよび圧力損失はないものとする。 【理論冷凍サイクルの運転条件】 低段圧縮機吸込み蒸気の比エンタルピー \(h_{1}\)=360 kJ/㎏ 低段圧縮機の断熱圧縮後の吐出しガスの比エンタルピー \(h_{2}\)=385 kJ/㎏
新製品情報

東芝キヤリア 設備用パッケージエアコン スポット・ゾーン空調システム 「FLEXAIR 2シリーズ」発売

東芝キヤリアは、設備用パッケージエアコン スポット・ゾーン空調システム「FLEXAIR(フレックスエアー) 2シリーズ」室内ユニット3タイプ、横吹タイプ室外ユニット4馬力~10馬力(4能力タイプ・全21機種)を2020年夏に発売します。 「FLEXAIR 2シリーズ」は1シリーズの後継機種で、室内ユニットは個別分散設置が可能な「軽量かつコンパクトな設計」や柱などに設置が可能で「天井ダクト工事不要」といった特長はそのままに、従来モデルのデザインを継承したスタンダードタイプに加え、オートフラップを搭載したオートフラップタイプ、従来モデルでは特注対応としていた吹出口ダクトフランジを採用したダクトフランジタイプの3タイプを標準ラインアップとしました。
フロン排出抑制法関連

改正フロン排出抑制法説明会内容 建物解体業者及び廃棄物・リサイクル業者向け

経済産業省・環境省共催で令和元年11月から令和2年3月にかけて全国で実施されている令和2年4月1日施行の改正フロン排出抑制法の説明会における資料の概要です。本編は建物解体業者及び廃棄物・リサイクル業者を対象とした資料です
フロン排出抑制法関連

改正フロン排出抑制法説明会内容 機器ユーザー向け

経済産業省・環境省共催で令和元年11月から令和2年3月にかけて全国で実施されている令和2年4月1日施行の改正フロン排出抑制法の説明会における資料の概要です。本編は冷凍空調機器ユーザーを対象とした資料です
新製品情報

パナソニック産機システムズ ガスヒートポンプエアコンU形「GHP XAIR(エグゼア)III」を発売

パナソニック産機システムズ株式会社は、節電と省エネ性を両立するガス冷暖房システムである超高効率ガスヒートポンプエアコンT形「GHP XAIR(エグゼア)Ⅱ」の次世代機として、年間運転効率をさらに向上させたU形「GHP XAIR(エグゼア)Ⅲ」を開発し、2020年4月初旬から順次販売します。
新製品情報

コロナ ルームエアコン2020年モデル Wシリーズ/Nシリーズ/冷房専用シリーズを発売

株式会社コロナは、ルームエアコンの2020年モデルとして、暖房能力に優れた「Wシリーズ」、基本性能重視の「Nシリーズ」、エアコンは冷房にしか使わないという方におすすめの「冷房専用シリーズ」合わせて17機種を、2020年3月から順次発売します。
新製品情報

富士通ゼネラル「ノクリア」にコンパクトなSVシリーズ登場

富士通ゼネラルは横幅70cmを切るコンパクトサイズで、室内と調和する洗練されたデザインに加え、快適性にも優れた「nocria(ノクリア)」SVシリーズを2020年4月上旬より発売します。 1. 横幅 70cm を切るコンパクトサイズで狭小スペースにも設置が可能なコンパクト室内機 2. 室内に調和する質感とデザイン性に優れたフォルム 3. 新機能「さらさら冷房」を搭載